【子供の虫歯治療】歯医者嫌いを防ぐ負担を軽減した小児歯科診療

小児歯科Ad - 子供の歯を守りたい大人へのアドバイス
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックでは最新のインプラント治療が可能な歯科医院です。無菌手術室や全身管理が可能な生体モニターなど最新の設備と技術で安心治療が可能です。

【子供の虫歯治療】

歯医者嫌いにならないために…子供の負担を軽減した小児歯科の虫歯治療

子供に多い歯のトラブルは虫歯です。大人と子供のむし歯治療に違いはなく、虫歯になった部分を削って詰め物をします。進行した虫歯では、神経をとって被せ物をします。
歯医者が苦手な大人も少なくありませんが、子供にとっても、虫歯治療は負担がかかり、歯医者嫌いになる要因になりかねません。

小児歯科では、ただ虫歯を治すだけでなく、お子様の負担を軽減した診療を行います。また、虫歯リスクを軽減するための、子供のむし歯の特性に合った予防治療を行います。

負担の少ない虫歯治療のための当院の取り組み

子供の虫歯治療は、急に始めることはありません。
治療台や医師、スタッフに慣れてもらうことから始めます。緊急的に治療が必要でない場合、お子様の様子をみながら段階を踏んで治療を進めます。

広島にある当院では、待合室にテレビを設置し、カラフルな海をイメージした個室の治療室を設置しています。緊張をほぐし、リラックスして治療できる環境作りに努めています。

また、治療の痛みを軽減するために局所麻酔を使用しますが、その麻酔自体の痛みも軽減するため、当院では電動の無痛麻酔器を使用しています。
子供の時の「歯の治療は痛い」「歯医者は怖い」というイメージは、大人になって払拭されるとは限りません。お子様の最初の治療が、歯医者嫌いの原因にもなり得るため、子供の虫歯治療は「治せば良い」というものではなく、メンタルの部分も考慮して行う必要があると考えています。

歯医者嫌いを防ぐには 適切な虫歯予防が必要です

お子様の歯を守るため、虫歯治療が必要にならないためには、予防治療が必要です。
子供虫歯の主な原因は、次の通りです。子供虫歯の特徴に合った、予防治療を行います。

子供の虫歯の主な原因

  • 子供の歯は大人の歯に比べて硬くないい
    子供の歯は、再石灰化が進んでいないため硬くなく、虫歯になりやすく、進行しやすい特徴があります。また、エナメル質や象牙質が薄く進行すると重症化しやすいため、早期治療が必要です。
  • うまくブラッシングができていない
    子供の虫歯の大半が奥歯の溝にできています。奥歯の溝は、歯ブラシが届きにくく、磨き残しになりやすい部位であり、正しい歯磨きの方法を身に付ける必要があります。

子供の虫歯を効果的に防ぐ予防治療

子供の虫歯予防に効果的な治療法に、フッ素塗布シーラントがあります。
フッ素塗布は再石灰化を促進する効果があり、虫歯になりにくい歯を作ります。また、シーラントは奥歯の溝を埋めることで、磨き残しを防ぎ、子供の虫歯で特に多い奥歯の虫歯を予防します。

放置は危険!乳歯の虫歯の恐ろしい悪影響

乳歯が虫歯になっても、「どうせ生え変わるから治療しなくても良い」と考える保護者の方も少なくありません。
「虫歯治療を受けることがかわいそう」と思う気持ちはわかるのですが、虫歯を放置して進行させてしまうと、さまざまな悪影響があるのです。

歯並びを悪くする

虫歯が進行して抜歯が必要になると、周囲の歯が動いて永久歯が生えてくるスペースが確保できなくなってしまうなど、歯並びに悪影響を及ぼす可能性があります。

永久歯の虫歯の原因になる

乳歯の虫歯が進行して、歯根に膿をもつようになると、乳歯の下で育っている永久歯を虫歯にしてしまうこともあります。

あごや脳の発達を悪くする

虫歯の痛みなどが原因で、よく噛んで食べられなくなってしまうと、あごや脳の発達に支障をきたします。また、よく噛めないことは食事の楽しさを半減させるという悪影響もあります。

子供の虫歯治療に関するQA

Q1 全身麻酔で子供の虫歯治療をできますか?

A1

通常、虫歯治療は局所麻酔で行いますが、お子様の状態によっては、全身麻酔下で治療を受けることも可能です。
しかし、どこの病院でも全身麻酔下の治療が受けられるわけではありません。全身麻酔の場合は、全身状態の管理が必要になるのです。

また、全身麻酔にはリスクがあるということも覚えておかなければなりません。デメリットも把握して、十分に医師と相談して麻酔の種類を決める必要があるでしょう。

Q2 虫歯治療で泣いたりするのではないかと心配です…

A2

治療を怖がっている場合は、緊急的に治療が必要でない限り、治療を行いません。
たとえ泣いてしまっても、当院では防音設備のある個室の治療室もありますので、周囲を気にする必要はありません。

Q3 前歯の虫歯治療はどのように行うのですか?

A3

前歯の虫歯治療は、虫歯の程度にもよりますが、削って詰め物をするという方法と、サホライドという進行止めを塗る方法があります。
軽度の虫歯ならば、前歯は特に生え変わりが早い部分でもあるため、サホライドを塗って様子をみることも可能でしょう。

  • 小児歯科Adトップへ
  • 子供の虫歯治療
  • 歯医者嫌いを防ぐ方法
  • 子供の歯磨き指導
  • 奥歯の虫歯を防ぐ方法
  • 子供のフッ素塗布のすすめ
  • 小児矯正
  • 過剰歯が及ぼす悪影響と治療法
  • 子供の歯医者の選び方
  • 子供の歯Q&A