抜歯/手術が必要にも!余分な歯【過剰歯】が及ぼす悪影響と治療法

小児歯科Ad - 子供の歯を守りたい大人へのアドバイス
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックはなんらかの原因で永久歯を失ってしまった患者様に入れ歯やブリッジに変わるインプラント治療をお勧めしています。患者様のお口の中の状態に合わせた治療を提供しています。

【過剰歯が及ぼす悪影響と治療法】

余分な歯が及ぼす悪影響!過剰歯で手術や抜歯が必要になることも…

過剰歯とは、その名の通り「余分な歯」です。通常、乳歯は20本、永久歯は28本(親知らずを含めると32本)生えてきますが、その本数よりも多く生えてしまうのです。
人類は進化によって、歯の本数が減少してきていると言われていますが、この過剰歯は進化前の歯が現れたという説もあります。過剰歯ができる原因は、さまざまな説がありますが、現在のところ明らかになっていません
なんとも不思議な過剰歯ですが、さまざまな悪影響があり、治療が必要になります。全身麻酔による手術が必要になる場合もあるのですから、症例により実に厄介な場合もあり、注意が必要です。

過剰歯ができる確率

過剰歯は3%の可能性で生えてくるとされています。また、男性に多いことがわかっています。
1本だけでなく2本の過剰歯ができる場合もあります。

過剰歯にどうやって気付く!?過剰歯の症状とは

乳歯の過剰歯は、極めて少ないと言えます。永久歯の過剰歯がほとんどです。永久歯の過剰歯、つまり乳歯の奥に余分な歯ができてしまうということです。

過剰歯は、通常の歯よりも小さかったり、形状が違っていたりするケースが多く、中には反対向き(さかさま)で埋まっているというケース(逆性埋伏過剰歯)もあります。
歯の生え変わりの時期に、過剰歯があることに気付くケースが多いですが、過剰歯が生えてくることなく埋まったままになっている場合、気付かないこともあります。
「過剰歯で痛い」など、自覚できる症状はありません。

どのように過剰歯に気付くの?

過剰歯のことを知らない保護者の方も多く、過剰歯に気付いたきっかけはさまざまです。
過剰歯による悪影響を最小限に抑えるには、早めに発見する必要があるでしょう。定期的な小児歯科検診が、早期発見につながると言えます。

【例1】

上顎の前歯の生え変わりは、7歳前後ですが、それよりもはるかに早い時期に歯の動揺が始まり、歯医者でレントゲンを撮ったら過剰歯が見つかった。歯がグラグラしてきたのは、過剰歯が原因だった。

【例2】

過剰歯のことは知らなかったが、レントゲンを撮ったら、たまたま過剰歯が見つかった。

【例3】

乳歯が抜けた後、なかなか大人の歯が生えてこないため、小児歯科で相談した。レントゲンを撮影したら過剰歯が見つかった。(過剰歯がじゃまして、大人の歯が生えてこなかった)

【例4】

乳歯が抜けて、通常の歯とは異なる歯が生えてきた。歯科で相談したら、それが過剰歯だということがわかった。

過剰歯ができやすい場所

過剰歯ができやすいのは、上の前歯と前歯の間(正中過剰歯)、親知らずのさらに奥です。

正中過剰歯とは?

v「正中」とは、体の真ん中を指します。通常、正中をはさんで2本の前歯が並びます。しかし、正中過剰歯は、2本の前歯の間に生えてくるのです。

過剰歯の悪影響

過剰歯によって、歯並びが悪くなる可能性があります。過剰歯がじゃまになり、永久歯が正常な位置から生えてこなかったという症例もあります。
永久歯に近い位置に埋まっている過剰歯の場合は、歯根吸収を起こす可能性があります。
過剰歯の生えている位置や向き、過剰歯の形状などにより、及ぼされる悪影響は異なると言えるでしょう。

また、永久歯から離れた位置に存在しているケースなどで、悪影響を及ぼす可能性が低い場合には、治療を行わず経過を観察する場合もあります。

過剰歯の治療方法

過剰歯は「悪さをする前に抜歯しておきましょう」となるケースも少なくありませんが、埋まっている過剰歯の状態や他の歯への影響、お子様の年齢などを考慮して、抜歯する時期を検討します。

抜歯は局所麻酔で行うのが一般的ですが、負担が大きくなる場合には全身麻酔下で抜歯を行う場合もあります。
症例によっては外科的手術が必要になる場合もあります

  • 小児歯科Adトップへ
  • 子供の虫歯治療
  • 歯医者嫌いを防ぐ方法
  • 子供の歯磨き指導
  • 奥歯の虫歯を防ぐ方法
  • 子供のフッ素塗布のすすめ
  • 小児矯正
  • 過剰歯が及ぼす悪影響と治療法
  • 子供の歯医者の選び方
  • 子供の歯Q&A