子供の歯医者嫌いを防ぐ親がすべき7つのこと - 小児歯科に行く前に

小児歯科Ad - 子供の歯を守りたい大人へのアドバイス
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックではお子様の歯磨きの指導や歯周病や虫歯の原因になる生活習慣のアドバイスなど将来歯を失わない為にも予防の指導もしています。

【歯医者嫌いを防ぐ方法】

子どもを歯医者嫌いにしないために 親ができる7つのこと

1.子供のための歯医者選びが必要です

「近所だったから」「評判が良かったから」など、歯医者の選び方はさまざまです。
しかし、どの歯医者でも子供に対する対応が同じではありませんし、「評判が良い」といっても、インプラント治療で評判が良い歯医者もあれば、矯正治療で評判の良い歯医者もあります。

どんなに腕の良い歯科医でも、無理やり治療を行ったのでは歯科が苦手になる原因になってしまいます。
小児歯科を専門としている医院(小児歯科専門医がいる医院)や、子供の治療に慣れている医院を選ぶことが必要でしょう。

2.治療が必要になる前に歯医者に行く

初診でいきなり治療が必要になると、「歯医者は痛い治療をするところ」という印象を持ってしまうかもしれません。
定期検診などで、歯医者に慣れることが望ましいです。また、それは予防にもつながります。

痛くなってから歯科に行くのではなく、痛くなる前に歯医者に行くことが、歯医者嫌いを防ぎ、虫歯の予防にもつながるでしょう。

3.予約は子供の体調が良い時に

子供の機嫌には、体調も大きく影響してきます。体調の良い時に歯科を受診することをお勧めします。

また、お昼寝の習慣がある場合は、お昼寝の時間をさけて、機嫌の良い時間帯の受診が良いでしょう。疲れのない、午前中の受診がお勧めです。

4.子供のことをだまさない・子供の嘘をつかない

「歯医者に行く」と言ったら嫌がるから…と、歯医者に行くことを伝えずに子供を連れてくる保護者の方がいます。また、「みてもらうだけ」「何もしないから」と言って連れてくる方もいます。

しかし、これは余計に子供が嫌がる原因となってしまいます。きちんと家で話合い、お子様が納得されてからの受診が望ましいです。
歯や歯の治療の大切さを、きちんと話してあげて、お子様に心の準備をさせてあげることが大切でしょう。

5.待合室ではなるべく親子でリラックスして過ごしてください

親の緊張は、子供にも伝わるものです。待合室では、保護者の方もリラックスしてお過ごしください。
「(子供が)泣いたらどうしよう」「暴れたらどうしよう」…と心配もあるかと思いますが、お子様にリラックスした状態で過ごさせてあげることが先決です。

広島の当院では、待合室にテレビを設置しアニメがみられるなど、待合室で楽しく過ごせる工夫をしています。
また、子供が泣いたり暴れたりしたら…と周囲の目を気にされる保護者の方も少なくありませんが、当院では防音設備の整った個室の診療室も完備しています。

小児歯科には、お子様や保護者の方のための設備も整っていますので、歯科選びの際に確認すると良いかもしれません。

6.子供をほめてあげることが大切です

歯医者で泣いてしまった子供に対して「なんで泣いたの」などと、責めるのではなく、「頑張れたね」「えらかったね」とほめてあげることが大切です。

自宅に帰ってからも、家族に「今日歯医者で頑張ったんだよ」などと、頑張りを報告してあげるのも良いでしょう。
家族から褒めてもらえることで、歯の治療や歯医者へのイメージも違ってくるのです。

7.治療が終わっても通院を続ける

治療が終わると、保護者の方もお子様もホッとするところかもしれません。
しかし、定期的に通院を続けましょう。さらに治療が必要にならないためにも、「歯医者は痛いことをする」というイメージを変えるためにも、治療後の検診を続けることが大切でしょう。

また、噛み合わせや歯並びの問題も、早い方が解決しやすいケースが多いです。予防や治療負担の軽減、歯医者嫌いの克服のために、定期的に検診を受けることをお勧めします。
このことが、子供の歯の健康にも大きく影響すると言えます。もちろん、定期検診に加え、歯磨きや食習慣の改善などにより虫歯予防に努めることも重要です。

  • 小児歯科Adトップへ
  • 子供の虫歯治療
  • 歯医者嫌いを防ぐ方法
  • 子供の歯磨き指導
  • 奥歯の虫歯を防ぐ方法
  • 子供のフッ素塗布のすすめ
  • 小児矯正
  • 過剰歯が及ぼす悪影響と治療法
  • 子供の歯医者の選び方
  • 子供の歯Q&A