子供のフッ素塗布のすすめ - 費用/効果/副作用…知っておくべき10のこと

小児歯科Ad - 子供の歯を守りたい大人へのアドバイス
トップへ戻る

ナタリーデンタルクリニックではお子様の歯並びや虫歯治療から高齢の患者様のインプラント治療まで幅広い治療を行っています。歯の治療で疑問点・不安な事がある方はお気軽にご相談下さい。

【子供のフッ素塗布のすすめ】

大人が知っておくべき!子供のフッ素塗布10のポイント

フッ素塗布は、「1歳半健診や3歳児健診で受けるもの」と認識している人も少なくないと思います。
しかし、効果的に子供の歯を守っていくならば、小児歯科でのフッ素塗布も取り入れ、フッ素の力も借りて強い歯を作ることをお勧めします。

フッ素塗布を通じた小児歯科への定期的通院は、子供の口の中のトラブルの早期発見、メンテナンス方法の改善などにつながるでしょう。また、定期的に歯科へ通い、子供の歯の健康への関心を持ち続けることは大変重要なことです。

1.フッ素とは?

フッ素は、「フッ化物」とも呼ばれます。薬品というイメージを持っている人も少なくないと思いますが、肉や野菜などの食品にも微量ですが含まれています。こちらも微量ではありますが、骨や歯の構成成分の一つでもあります。
フッ素の危険性を心配する保護者の方も多いですが、普段の食事などで摂取している成分ですから、濃度などに気を付ければ、フッ素塗布に危険性はないと言えます。

2.フッ素の効果

フッ素には、再石灰化を促進する効果虫歯菌が酸を作り出すのを抑制する効果があります
子供の歯は、大人の歯に比べて再石灰化が進んでいないために、虫歯になりやすいです。そのため、再石灰化を促進することは、虫歯に負けない強い歯を作る効果があると言えます。

また、プラークに含まれている虫歯の原因菌は、酸を生成して歯を溶かします(虫歯を作ります)。フッ素には、この酸の生成を抑制する効果があるため、虫歯のリスクを抑えることができると言えるでしょう。

3.フッ素塗布を始めるタイミング

「フッ素塗布はいつから始めたら良いですか?」という質問を受けることが多いですが、フッ素塗布は歯が生えて間もない時期が特に効果的だと言えます。

生えたばかりの歯が虫歯になりやすいのは、再石灰化が進んでいないからだということはお話ししましたが、歯は唾液の中のカルシウムなどのミネラルによって、徐々に強くなっていきます(これを再石灰化と言います)。
そのため、生えたばかりの歯(乳歯だけでなく永久歯も)は、特に虫歯予防が必要なのです。

4.フッ素の費用

フッ素塗布の料金は、「予防目的」の場合は保険が適用とならないのが原則です。しかし、虫歯が多発しているケースなどでは、フッ素塗布も保険が適用になるなど、ケースによって異なります。
そのため、保険が適用とならないフッ素塗布は、歯科医院によってかかる金額が違ってきます。フッ素塗布を無料で行っている医院もあるようです。

「フッ素塗布だけ〇〇歯科で受けて、治療は△△歯科」というのは望ましくありませんので、フッ素塗布を行う場合には、かかりつけ医となる歯科医院で行うことをお勧めします。フッ素塗布の費用だけで歯医者を選ぶことは、お勧めできません。
広島にあります当院では、フッ素塗布を500円で行っています。

5.フッ素塗布を行う頻度

フッ素塗布は1年に2回以上行うと良いとされていますが、年に3~4回の塗布をお勧めします
また、年に3~4回歯医者で口の中を診てもらうことは、虫歯予防において大変有効です。

6.フッ素の副作用

フッ素を過剰に摂取すると、急性の中毒症状を起こす可能性があります。中毒量は、体重1kgに対して、2mg以上とされています。
しかし、小児歯科や健診などで使用する薬剤の量ならば、中毒を起こす心配はないと言えるでしょう。洗口薬など、自宅でフッ素を取り入れる場合には、フッ素の濃度などを確認し、適切に使用する必要があります。

7.フッ素の種類

小児歯科などで行っているフッ素塗布以外にも、次のような方法で、フッ素を取り入れることができます。

  • 歯磨き剤(歯磨き粉)
  • うがい薬(フッ化物洗口)

フッ化物洗口は、飲み込まずにうがいができる必要があるでしょう。
また、市販の歯磨き粉の多くにフッ素が配合されていますから、フッ素入り歯磨き粉は手軽に取り入れられます。

8.フッ素の注意点

フッ素で注意すべき点は、フッ素の効果に頼りすぎないということです。
虫歯を予防するには、歯磨きをしっかり行い、おやつ・食事の摂り方(タイミングや頻度)に注意する必要があります。フッ素は歯を強くして虫歯を予防する効果がありますが、基本的なケアを怠っては虫歯になってしまいます。

フッ素の虫歯予防効果に頼り過ぎて、日々のケアが不十分にならないようにすることが必要です。

9.フッ素で虫歯は治る!?

進行した虫歯は、フッ素(再石灰化)で治りません。しかし、穴が開く前の初期段階の虫歯ならば、再石灰化により治ります。そのため、初期虫歯にはフッ素塗布が有効と言えます。

しかし、フッ素で再石灰化を促進するだけでなく、虫歯になった原因を見極め、改善することも虫歯の進行や虫歯の増加を防ぐために必要でしょう。

10.大人へのフッ素の効果

大人の歯は再石灰化が進んでいますから、子供の虫歯予防効果には劣ると言えますが、大人もフッ素を活用することで虫歯予防の効果が高まります
「フッ素塗布は子供が受けるもの」と思っている人も少なくありませんが、大人もフッ素塗布は受けられます。

うがい薬や歯磨き粉などにもフッ素が配合されていますから、上手に取り入れると良いでしょう。

  • 小児歯科Adトップへ
  • 子供の虫歯治療
  • 歯医者嫌いを防ぐ方法
  • 子供の歯磨き指導
  • 奥歯の虫歯を防ぐ方法
  • 子供のフッ素塗布のすすめ
  • 小児矯正
  • 過剰歯が及ぼす悪影響と治療法
  • 子供の歯医者の選び方
  • 子供の歯Q&A